ヴィンテージフィードサックとドットの布小物


by minnie-mom

竹富島へ

一泊二日の強行思いつきツアーから二日。
ここにきて、疲れが出ています。
今日は久しぶりにお昼寝しちゃいました。
普段はうっかり昼寝しちゃうと、そのあとがだるくなるので、なるべくしないようにしているのですが、今日はあまりの眠さに負けてしまいました。
でも、起きた後はすっきり!
きっと体が睡眠を欲していたんでしょうね。
それにしても、翌日ではなく二日後にくるなんて。。。!!!

気を取り直して、ご紹介していない竹富島観光についてのお話です。
竹富島は、石垣島から6キロ。船で10数分で到着します。
オフシーズンなので、なんの予約もなく島に到着し、船着き場で待機している観光会社の水牛ツアーに申し込みました。
マイクロバスで待合所まで運んでもらい、順番を待ちます。といっても、空いてるのですぐです。
20人乗りの水牛車に10人ほどが乗り込んで出発。
水牛の「だいちゃん」、のんびり進みます。
と思いきや、いきなりジャーっと放尿。それについて案内人のおじいのコメントなし。
日陰になるとだいちゃん、休憩に入ります。するとおじいに叩かれます。しぶしぶ動き出します。
終盤ではだいちゃん、今度は大を催しました。が、それにもおじいは冷静に対応。バケツを取り出し、バケツへ。お見事。しかしその作業も何のコメントもなく淡々と。
30分ほどのツアー、たぶん徒歩だと15分くらいの距離だったんじゃないかしら?
でも、だいちゃんとおじいの掛けあいや、おじいの三線弾き語りやら、かなーり楽しめました。

b0139032_045198.jpg



お昼はぶらりと入った食堂で八重山そばをいただきました。
「沖縄そば」と一口に言っても、地域によって違います。
本島のそばとの大きな違いは麺の太さです。
八重山そばや宮古そばは、本島のそばよりも細い麺です。

b0139032_065911.jpg



そして八重山のそばの食べ方の本島との違いは、香辛料です。
本島ではお好みで、紅ショウガ、青ねぎ、粉とうがらし、コーレーグスを入れます。
コーレーグスとは、唐辛子のことなのですが、そばやさんでは唐辛子の実を泡盛で漬けたもののことを指します。
それが、八重山に行くと見かけない香辛料が!

b0139032_0105197.jpg



写真左、ピイヤーシだそうです。
確か石垣では、ピパーチっていう名前だったような?
右はおなじみ、コーレーグスです。
残念ながら、現地の人と一緒に食べる機会がなかったので、ピイヤーシ、どの程度入れるものなのかわからず、いつものコーレーグスを入れて食べました。

帰ってきてデータを見たら、牛とそばの写真しか撮ってませんでした。
竹富島のきれいな海は!赤瓦の家並みは!
ぜひ現地でどうぞ☆あは。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
[PR]
by minnie-mom | 2008-11-06 00:22 | たのしい!